でこぼこ地面は脳トレになる!?

今年の夏は山登りも自粛傾向でした。

登山はできなくても
近くの緑地や公園、お庭など
アスファルトではないところを歩いてみると
普段とは違う感覚を 足から感じることができます。

何もないところでつまずいたり
わずかな段差に足を取られたら
足裏の感覚を鍛えた方がいいかもしれません。

実は 家の中で起きる転倒事故
寝たきりになる原因の上位を占めています。

つまずくのは 足腰の筋力が低下したからだと思われがちですが
それだけではなく
足の裏のセンサーがうまく働いていないことが
原因のひとつとして考えられます。

足の裏は お身体の他の部位よりも
センサーがたくさん分布しています。

着地したときにセンサーがとらえた情報が
脳と連携して お身体のバランスをとります。

日ごろから足の裏の感覚に気をつけて
脳と筋肉がスムーズに連動するようにしていくと
つまずきや転倒を予防することができます。

時には土の上や でこぼこしたところを歩いて
いつもと違う感覚を味わうことが
足裏のセンサーを働かせることにつながります。

足裏のセンサーを敏感に働かせるには
柔らかすぎる靴底より

ある程度硬さのあるしっかりした
靴底の靴を選ぶといいでしょう。

また 足首が柔らかい方
捻挫などのケガが原因で
足首の靱帯がゆるくなっている方
わずかな段差でも足をくじきやすくなっているかと思います。

そういった経験のあります方には
オーダーメイド矯正インソール がおすすめです。

足首には一番いい位置があります。
いつも足首が一番いい位置にあるといいのですが
人間の骨格の特性で 立った瞬間に
歪み衝撃を吸収する構造になっています。

オーダーメイド矯正インソールは
体重がかからないように
ベッドに寝て頂いた状態で
石膏で型を取る方法で作成することにより
お身体を理想的な骨格に整えることができます。

着地をするたびに歪む足首を
ニュートラルな位置に整え
カカトを安定させることで
着地が安定し 少しの段差でも
転びにくくなります。

様々な靴に入れ替えて使えるので
お庭仕事など でこぼこ地面を歩く時にも
足元からお身体を支えてくれます。

安定した着地と歩行は
自律神経を整える役割も担っていますから
歩きながらお身体を整えることも
できるようになってゆくのです。

南青山『足から治療院』Creareクレアーレ
25kgのダイエットを叶えた
ダイエットマスター/フットマスター

後藤寿美子

ご予約・ご相談はこちらから

関連記事

  1. ずっと使える自分の基準

  2. スニーカーだけじゃないんです

  3. お身体の機能をあげる方法

  4. お手本は鏡の中の自分

  5. 食べ過ぎない身体へ

  6. 夏でも快適なスニーカーの足元