つまずいてなんかいられない

突然ですが、
カーペットと床のほんの少しの段差に、
つまずいたこと、ありませんか?


「人生100年」時代


日本人の平均寿命は、
2017年 厚生労働省によると
女性が87.26歳、男性が81.09歳で、
ともに過去最高を更新しています。

2016年に比べ、女性は0.13歳、男性は0.11歳プラスと、
寿命が延びています。

厚生労働省は、
「健康意識が高まり、生活習慣改善の取り組みが
個人や企業の間で進んでいることが影響している」
と分析しています。

介護が必要になった原因は、
1位 認知症18%
2位 脳血管障害(脳卒中)16.6%
3位 高齢による衰弱13.3%
4位 骨折・転倒12.1%
5位 関節疾患10.2%
(平成30年版 国民生活基礎調査より)

認知症が初めて1位になりました。
2位 脳血管障害、3位 高齢による衰弱についで、

4位「骨折・転倒」 と5位「関節疾患
身体の疾患であるこの2つを足すと、
22.3%で1位となります。

しかも、高齢者の事故発生場所の
およそ70%が「住宅内」
そのうち約45%「居室」です。


家の中こそ足元にご注意!


「人生100年」ですから、
家の中でつまずいて寝たきりに…
という事故は、無くさなければ!

畳やフローリングに 敷いているカーペット。
そのわずかな段差に足を引っかけたら要注意!

足の感覚、にぶっていませんか?

歩く時につま先をきちんと上げていれば、
ちょっとした段差につまずくことはありません。

日頃から「正しい歩き方」で、
脳と筋肉を連動させれば、
足の感覚にも敏感になります。

そんな正しい歩き方が習える
ウォーキング教室は今週末開催です。

東京 表参道ウォーキングレッスンのご予約はこちらから


家の中ではどんな足元ですか?


フワフワの室内履きや柔らかいスリッパは、
お風呂上りやリラックスタイムにはいいですが、
お料理、お掃除、お洗濯といった
家事をするには不向きです。

家事をする時には、
オーダーメイド矯正インソールとあわせて使える
オリジナルサンダルいかがでしょう。

家の中でも足首をニュートラルに、
そして正しい歩き方も意識できます。

「健康は足から」

これから先の人生を、
いかに楽しく充実して過ごせるかは、
「健康」によって左右されます。

つまり「足」にかかっているのです。

南青山『足から治療院』Creareクレアーレ
フットマスター / ダイエットマスター
後藤 寿美子

ご予約はこちらから

関連記事

  1. 1日10,000歩は必要?

  2. 世界にたったひとつ

  3. 生活習慣で 痩せるお身体へ

  4. 靴のカタチがくずれたら

  5. 履いて歩いて17㎏瘦せました♪

  6. カチカチふくらはぎを柔らかくするには?