1日の食べ過ぎでは身体は変わらない

年末年始からはじまり
春先の新生活スタートシーズンにかけて
歓送迎会や食事会の増える季節ですね。


「食べ過ぎて太っちゃった」


美味しいものをたくさん食べて
後から後悔してしまう?

人間の体には「ホメオスタシス」が働いています。
自分の身体を一定に維持する働きです。

このシステムは「ホルモンの働き」によって調節されています。
いつでも昨日の自分を維持するように働いてくれます。

しかしこのシステムは毎日の習慣で少しずつ書き換わっていきます。
痩せている人は痩せている習慣、
太っている人は太っている習慣。

ダイエットしなくちゃと思う状態になるまでに
徐々にお身体が太っている習慣に書き換わって
体重が増加していったのではないでしょうか。

もしも毎日食べ過ぎていたら…?
結果はわかりますね。

ダイエットをするなら
今の習慣を見直して日々の食事を変えていきましょう。

たまにご馳走をたくさんいただいても
それで急に太るという事は考えにくいので
たまのご馳走は存分に楽しんで。

そしてもうひとつ。
足首のゆがみを整え お身体を良い状態に整えておく習慣も
とても大切です。

毎日の習慣を「太らない習慣」に書き換えて
ここぞという食事を大いに楽しみましょう。

 

『足から治療院』Creareクレアーレ
フットマスター/ダイエットマスター

後藤寿美子

ご予約はこちらから

関連記事

  1. 肥満は遺伝子のしわざ? 

  2. 冷えをなくして便秘も解消

  3. 50歳からでも痩せられた!

  4. 計算より まごわやさしい

  5. ホルモンが整わないと痩せない

  6. 食べる工夫より食べない工夫