続くことは何でしょう?

痩せるために決めた目標。

「食べ過ぎているごはんを減らす」

「ごはんを減らす」では曖昧で
なんとなくやっているような気になって
実はまったく成果につながらない
ということになりがちです。


何かをやると決めたら具体的に


たとえば「ごはんを減らす」なら
「主食の量を半分にする」と具体的に
そしてもっと具体的に
お茶碗を小さくする

そうすれば ご飯の量は自然に
今までの半分にはできるでしょう。

大切なのは 無理なく「継続」できる工夫です

そしていざ始めたところ
なんだかうまくいかない時は、
原因を考えてみましょう。

できないのはなぜ?

気分がのらない、だから先延ばし。
タイミングを逃しているだけかもしれません。

「何を」「いつ」「何回」まで決めれば
迷わないのでやりやすくなります。

毎日やっている何かとセットにすると
自然とルーティンに組み込まれ
習慣に取り入れやすくなります。

「正しい歩き方」を
「1日」に「300歩」
続けると
お身体の不調がなくなる。

書籍はこちら

歩かない日はありません。

正しい歩き方が
毎日の習慣になれば
特別なことをしなくても
お身体の機能があがって
健康になっていきます。

今の習慣を変えるなら
小さい事でも構わないので
毎日続けることが大切です。

あなたがかかげた目標、
それは毎日できることですか?

出来る方法が決まれば
毎日 続けられる!

積み重ねが次への一歩につながります。

 

『足から治療院』Creareクレアーレ
フットマスター/ダイエットマスター

後藤寿美子

ご予約はこちらから

関連記事

  1. 様々な靴に入れて使える

  2. イライラすると太る理由

  3. 見た時から食事がはじまる

  4. ホルモンが整わないと痩せない

  5. 生活習慣で 痩せるお身体へ

  6. 毎日食べているものにご注意を