年齢かしら?と思ったら

肌のツヤ・ハリがなくなった
手のシワが目立ちはじめた
枕の跡が消えない
白髪が増えた
老眼
送れてくる筋肉痛
物忘れ
関節の痛み

年齢かしら?と思う瞬間、誰にでもありますよね。

しかし「年齢だから」と言ってみても
今の状態は変わりません。

では、そこからどうしましょう。

全身にはりめぐらされた毛細血管のすみずみまで
血液が流れ 酸素が十分に行きわたり
自律神経が整い お身体の機能が存分に働けば
元気に生きていけるでしょう。


自分を治すのは自分


お身体には自然治癒力が備わっています。

ストレスや生活習慣によって
自然治癒力が弱くなると
お身体を修復する力が発揮できず
くり返す不快な症状が日常になり
「歳だから」の言葉とともに習慣化してしまう。
それでは自然治癒力も弱まってしまいます。

ここにいる「今の自分」
今日が自分史上一番若い日であることは
間違いありません。

「どんな自分でありたいか」
今からの先へ思考を向ける。

そしてお身体を無理なく正しく使うこと。

正しい方法を正しい順番で行おうとすれば
まず、お身体の基礎である足首を
正しい状態にしておきましょう。

足首は家でいえば基礎にあたります。
基礎が歪んでいれば
お身体全体に負担がかかります。

関節に痛みが出るのは
基礎である足首の歪みと
歪んだ状態での間違った使い方が
原因になっていることがほとんどです。

お身体に歪みがなければ
血液循環がよくなり
自然治癒力も存分に発揮されるようになり
関節の動きまでよくなります。

その毎日を続けていけたら
年齢だからと感じることも
なくなるのではないでしょうか。

問題なのはお身体の歪みと間違った使い方。
そしてそれが習慣になり「年齢のせい」と
諦めてしまうことなのではないでしょうか。

 

『足から治療院』Creareクレアーレ
フットマスター/ダイエットマスター

後藤寿美子

ご予約はこちらから

関連記事

  1. カカトのガサつき気になったら

  2. 計算より まごわやさしい

  3. 丁寧にやるから結果が出る

  4. 糖化=老化

  5. 背中は年齢を表す

  6. 病院通いを日課にしますか?